ポカリスエットは何歳から飲める?1・2歳のポカリやアクエリアスなどのイオン飲料を薄めるのがNGな理由とは!?

赤ちゃんの食べ物
スポンサードリンク

運動しているときや暑い日、熱が出たときの水分補給はただの水よりポカリスエットやアクエリアスなどのイオン飲料を飲む人は多いと思います。

このポカリスエットやアクエリアスなどのイオン飲料を子どもに飲ませて良いものかどうか悩んだとこはありませんか?水で薄めれば大人と同じポカリスエットをあげてもいいのでしょうか?

今回は幼児とポカリスエットやアクエリアスなどのイオン飲料について記事でご紹介します。

 

ポカリスエットやアクエリアスなどのイオン飲料は何歳から飲める?

スポンサードリンク

一般的に市販で売られているポカリスエットは離乳食が完了した子どもなら飲めると公式サイトでアナウンスされています。

離乳食が完了したお子様でしたら、お飲みいただけます。

引用:よくあるQ&A|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬

 

一方でアクエリアスに関しては年齢制限は記載されていませんでした。

ソフトドリンクについては、老若男女、あらゆるお客様に美味しくお飲みいただけるように設計されてます。

引用:コカ・コーラお客様相談室 よくあるご質問はこちら

 

ただし、個人の体質や懸念がある場合にはお医者さんに相談してくださいとの説明も記載してあるため、飲ませるとしたらポカリスエット同様に離乳食が終わった後の方が良いでしょうね。ちなみにアクエリアスの乳酸菌ウォーターのQ&Aページにはこのような記載がありました。

「アクエリアス 乳酸菌ウォーター」は、年齢制限を設けた製品ではございませんので、妊婦の方でも、どなたでもお召し上がりいただけます。

引用:「アクエリアス 乳酸菌ウォーター」は妊婦や子供でも飲めますか?

これを見る限りアクエリアスに関しては公式の年齢制限はしていませんので赤ちゃんや幼児でも飲めるという解釈が出来ますが甘さと味と塩分濃度などを考えると少し大きくなってからの方が望ましい気はします。

またはこちらの商品のように生後3ヶ月ころから飲める赤ちゃん向けのポカリもありますのでイオン飲料を上げたい場合やいざという時の為に購入しておく場合はこういった商品を選んだほうが良さそうです。

 

 

ポカリスエットを水で薄めるのがNGな理由ってなに?

スポンサードリンク

急な発熱などで赤ちゃんがなかなか水分をとってくれなくてポカリスエットを飲ませたいと思っても、大人用のポカリスエットしかないときもありますよね。

でも粉のタイプは水またはお湯で溶かして飲むので、赤ちゃんに飲ませるときは薄く作れば飲ませられるのでは?と思っているお母さんがいるかもしれません。

 

ですが大人用と赤ちゃん用ではポカリスエットの成分が違うので、薄めても大人用のポカリスエットは赤ちゃん用のポカリスエットと同じにはなりません。

大人用のを薄めてしまうと水分とイオンのスムーズな吸収ができなくなってしまいます。

 

ポカリスエットを薄めて飲むと「水分とイオン(電解質)のスムーズな吸収」が損なわれてしまうため、薄めずにそのままお飲みになることをおすすめいたします。

引用:大塚製薬

 

大人用ポカリと子供用ポカリの違い

赤ちゃんと大人のポカリスエットの異なる点は浸透圧の違いがあります。

ビーンスターク ポカリスエットはポカリスエットとは異なり、 赤ちゃんの体液と同じ浸透圧(285mOsm)になっています。

引用:雪印ビーンスターク株式会社

 

浸透圧とは:濃度の薄い体液と濃い体液が、濃度を同じにしようという働きが生じて、薄い体液が濃い体液へ移動するときにかかる圧力を浸透力といいます。

 

つまり赤ちゃんにとって、浸透圧が体液と同じということはそれだけすんなり体に馴染むということです。

また赤ちゃんはとても汗かきで水分を排出する割合が大人より多いです。体内の水分バランスがみだれてしまいがちなので大人用のポカリスエットをそのまま飲ませてしまうと適切な水分補給ができなくなってしまうため体に負担をかけてしまいます。

なので大人用よりナトリウムなどのイオンをたくさん含んだ赤ちゃん用のビーンスターク ポカリスエットの方が効率よく水分補給ができます。

 

赤ちゃんには甘すぎる?

大人用のポカリスエットには砂糖や果糖ブドウ糖液糖など甘くするものが多く使われています。

また食塩も含まれているので、赤ちゃんには塩分が多すぎてしまいます。

甘くて濃い味に慣れてしまうと普段から食べているものや飲み物などを受け付けなくなる可能性があります。

 

そうなってしまうとせっかく母乳や赤ちゃん用の麦茶などで水分補給できていたのに味が濃いジュースなどしか飲んでくれなくなったり虫歯や肥満児になってしまうかもしれません。

ちなみに赤ちゃん用のビーンスターク ポカリスエットは糖分が少なく、やさしい味になっています。またカロリーも大人用のポカリスエットより低いので、年齢に合わせたポカリスエットを選択してあげましょう。

 

まとめ

ポカリスエットは大人もコンビニやスーパーなどですぐに手に入りやすく、気軽に水分補給ができる飲み物です。

ですが大人用のポカリスエットでは赤ちゃんにとっては成分の違いから体に負担をかけてしまうこともあります。

赤ちゃん用のポカリスエットも販売されているので、赤ちゃんの年齢に合わせて正しい水分補給をさせてあげることが大切ですね。

 

ポカリスエット以外で赤ちゃんや子供の水分補給として人気なのが麦茶です。

ただ、この麦茶も大人用麦茶とベビー麦茶に分けられていますが、その違いについてあなたはご存知でしょうか?ぜひこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました