寝返り防止にはバスタオルが効く!赤ちゃんの寝返り防止対策を一挙公開!

赤ちゃんに関する疑問
スポンサードリンク

5、6ヵ月を過ぎてくると、自分一人の力でゴロン!と寝返りをする赤ちゃんが増えてきます。

日々成長することに、ママは喜びを感じると思いますが、自分が掃除や洗濯やご飯を作っているときなど、目を離した隙に一人で寝返りしちゃったら…?!という心配事が増えちゃいますよね。

そこで家にあるもので簡単に出来る寝返り防止策を紹介します!

 

寝返り防止策をバスタオルでやる方法とは!?

コストがかからず、おうちのもので寝返り対策をするならばバスタオルがおすすめです。

その方法は、以下の通り!

  • まず、バスタオルと一リットルペットボトル二本を用意します。
  • ペットボトルの中に水を入れておもりにします。
  • ペットボトルを、バスタオルの両脇においてくるくる巻きます。
  • 洗濯ばさみでくるくる巻いたバスタオルをはさんだら完成!
  • 子供を間にいれて寝かせておけばOK!

 

必ずしもペットボトルである必要もないので、何かおもりとして代わりになるものを包めば大丈夫です。

バスタオルを何枚か重ねて巻いて太くして、一枚広げたバスタオルに同様に洗濯ばさみで挟んだり、キッチンペーパー(未使用の太いロール状のものなど)を代わりにするなど、自宅にあるもので代用できます。

 

寝返りに気を付ける期間は短いので、わざわざ寝返り防止グッズを買う必要はないかな~と思う方は、是非とも試してくださいね!

 

おすすめの寝返り防止グッズや対策方法をご紹介!

「毎回バスタオルを出してやるのが面倒だな~」

「やっぱり専用のグッズがあれば便利だな~」

と思う方には、いくつか発売されている商品をご紹介したいと思います。

 

スヌーズ うつぶせ寝防止ベルト

 お子様のうつぶせ寝を防止するためのベルトとカバーのセットです。外周170cm以下のマットレス・布団に面テープで簡単に取り付け、おくるみのように赤ちゃんに安心感を与えます。仰向け寝、横向き寝に対応。畳めばコンパクトになるので、帰省や旅行にも持っていけます。オランダでデザインされたシンプルなデザインでインテリアを邪魔しません。

引用元:coming shop

 

こちらの商品は、ぎゅっと拘束されることなく、ゆとりが持て横向きにはなれるので、赤ちゃんが苦しくなるのでは?という心配はご無用です。

また、薄くコンパクトであり、邪魔にならず片付けも洗濯も楽という点がとてもママとしてはプラス点になるのではないでしょうか。

 

ファルスカ ベッドインベッド エイド

大きな三角クッションが赤ちゃんを挟み込み、パパママの寝返りを守ります。ベッドでの安全なお寝んねスペースを作ります。成長に合わせてクッションの幅を調節できるため、長く使用することができます。

引用元:ファルスカ ベッドインベッド エイド

こちらの商品は、ママなら知っているであろう有名なブランド、ファルスカより出ている寝返り防止策グッズですね。

先ほど紹介したバスタオルでの防止対策と似た形のものになります。

両端におやまの三角クッションがテープで貼り付けられ、赤ちゃんを守ります。

最大40cmまで調節可能ですので、赤ちゃん一人ひとりに合わせて守ることができます。

テープなので調節も楽々です。

 

ちなみに、あかちゃんの寝返り対策としてだけでなく、添い寝する場合にも大人のママ・パパが赤ちゃんをつぶしてしまう危険性も防げます。

大きくなり、たくさん動いてオムツ替えが大変な時も、赤ちゃんを固定して簡単にオムツ替えができるのもありがたいですね!

もちろん丸洗いできるので汚してしまった場合でも安心です。

 

ファルスカ コンパクトベッド ライト

マンション住まいの狭いお部屋を想定した、省スペース&コンパクトな持ち運べる寝具です。サッと広げるだけで、どこでも快適な赤ちゃんのお寝んねスペースが作れます。使わない時は、折りたたみ、その中にお布団や枕を収納できます。いつものスペースで赤ちゃんも安心してお寝んねができます。

引用元:ファルスカ コンパクトベッドシリーズ

 

先ほどご紹介したベッドインベッドエイドと同じく、ファルスカの商品です。

大きさは新生児から12ヵ月まで使えるノーマルサイズと、新生児から3歳頃まで使えるラージサイズの二つがあります。

 

どちらも5~6ヵ月の赤ちゃんには横幅に少し余る部分が出てきますが、横脇にぬいぐるみや丸めたタオルを置いておけば、ベッドは囲われている設計なので、それ以上寝返ってしまう心配もないですね。ちなみにフレームの高さは7cmになっています。

 

こちらは本当に「持ち運ぶベッド」なので、ただの寝返り防止策というよりは、他にもたくさんの用途が組み込まれている便利グッズです。

 

折りたたんで置くこともできますし、持ち手があるので運ぶのも楽なので、外出先などにも気軽に持ち運ぶことができます。

生後半年くらいになると、旅行にも行きはじめる方々もいらっしゃると思いますが、ママとパパがご飯を食べている間に、ちょっと赤ちゃんを寝かせておくスペースだったり、おむつを替えるスペースだったりの確保も、こちらのコンパクトベッドがあれば一つで済んでしまうのがいい点です。

 

もちろん、普通のベッドにすることも可能なので、このまま普段使いすることもできますし、広めのベッドを使用しているなら、ベッドインベッドにしてしまうことも可能です。

ベビーベッドは持っているけど、上に寝かせておいて、そのうち落ちてしまうのではないかと心配しているママにとっては、下に置いておけるベッドを一つ持っておくのもなかなか便利だと思います

 

センスユー ベビーモニター

寝返り防止対策グッズではないですが、最後に番外編としてこちらの商品もご紹介します。

この商品は赤ちゃんの呼吸を確かめる機器になっています。

 

円形の機器になっていますが、下の土台部分と、センサーの間に服を挟むことで洋服に取り付けることができます。

スマートフォンより専用のアプリをインストールし、こちらの機器とBluetoothによってつなぐことにより、15秒間呼吸がない場合や、呼吸が速い場合、また寝返りしたときなどを感知して、アプリから通知を受け取ることができます。

 

常につけておくことが可能なので、少し目を離す間ももちろんですが、ベビーカーに乗っている時や、普段から寝ているときにつけておくことで、赤ちゃんの突然の無呼吸にも気付ける優れものであるといえます。こちらは海外からのお取り寄せ商品になります。

 

まとめ

家事をするママにとって、赤ちゃんからどうしても目を離さなきゃいけない時間はあると思います。ずっとおんぶしているのも重いし、抱っこ紐をつけながら料理も危ないし…

そんなときは是非、今回の記事を参考にして、自分のライフスタイルにあう寝返り対策を考えて、あかちゃんの安全を守ってくださいね!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました