おむつのギャザーでかぶれちゃう!お腹がかゆい時の対処法とは!?

子供の体に関すること
スポンサードリンク

小さな子どもがいる親は誰しも経験するおむつかぶれ。

おしりが赤くなるだけではなく、ギャザーのところもかぶれてしまうことってありますよね・・・

そんなとき子どもはかゆくてかきむしってしまいます。そのせいでひどくなってしまう前にどのような対処法があるか、またかぶれる原因は何かご紹介いたします。

 

おむつのギャザーでかぶれちゃう時の対処法

子どもがおむつかぶれになってしまったとき、軽い症状であればお母さんがケアしてあげることで改善できることもあります。

これからご紹介する対処法を試して様子を見てみましょう。

 

お風呂の入れ方

かぶれて赤くなってしまったところは、石鹸や熱いお湯がしみてしまいます。

お湯の温度はいつもより低く設定してあげてください。

また石鹸で洗う時は低刺激のボディソープでやさしく洗ってあげましょう。

その時強くこすってしまわないように注意してください。

 

お風呂から出たらタオルでやさしく押さえるようによく拭いてあげましょう。

ごわごわした生地だと傷をつけてしまう可能性があるので、なるべく柔らかい生地のタオルを使ってください。

そしてよく乾かしてから新しいおむつをあててください。

 

こまめにおむつ替え

新生児のころは授乳のたびにおむつ替えをしていましたが、だんだん大きくなるにつれおむつを替えるタイミングがのびていることでしょう。

ですが、かぶれてしまった場合はいつもより頻繁におむつ替えをしましょう。

おしっこやうんちでおむつの中がムレてしまい、それが刺激になってしまいます。

常にサラサラの状態を保つことがかぶれを治す一番の近道です。

 

ただし、おしりふきで何回も拭くのもNGです。

かぶれているときはなるべきおしりふきで拭くよりもぬるま湯のシャワーで洗い流してあげる方が肌への負担は少なくなります。

 

また子どもが自分でかいてしまう場合、引っかいて新たに傷をつけてしまう可能性があるので子どもの爪は短く切ってください。

かゆがっているときは冷たいタオルなどで押さえてあげましょう。

 

保湿クリームを塗る

また自宅で保湿クリームを塗る場合、塗りすぎには注意してください。

逆効果になってしまうかもしれないので、様子を見ながらにしてください。

ただ保湿することで肌を保護することができ、刺激から守ることができます。

 

またベビーオイルを使うこともおすすめです。

その際は刺激が少ない自然由来のものを選ぶことが大切です。

香料が入っているものもありますが子どもには刺激になってしまうこともありますので肌に合ったものを塗ってあげましょう。

 

こちらの商品は赤ちゃんのお肌トラブル対策に好評なベビーローションです。

楽天ランキングでも1位に輝いたほどの実績がある商品ですよ。



おむつが肌に合わない可能性も!?

汗やおしっこ、うんちだけでなく、おむつそのものが合わなくて赤くなっている場合もありますので、おむつのメーカーを替えてみるのもいいでしょう。

 

オーガニックコットンを使ったものや布おむつにしてみるなど試してみてください。

特にオーガニックおむつは無添加で天然ポリマーを使用しているので肌の弱い赤ちゃんにはお勧めです。

 

 

そしてサイズが合っているかも再度確認しましょう。

メーカーによっては同じサイズでもゴムの伸び具合など大きさが若干違います。

子どもに合ったおむつ選びをしてあげてください。

 

それでも改善しない場合は病院へ

自宅でケアしても改善しない、子どもがかゆがって寝られない、赤みだけでなく水疱が出てきたときなどが病院に行くサインです。

かかりつけの小児科へ受診してみてください。

スポンサードリンク

なんでおむつのギャザー部分がかゆくなるの?

かぶれてしまう原因はたくさんあります。

子どもの肌はとても繊細なので些細なことが重なりかぶれてしまうことも・・・

ここでは主なかぶれの原因をご紹介します。

 

汗や排泄物により蒸れる

まずかぶれは汗の通り道がふさがってしまうことで、行き場がなくなった汗が皮膚の中にたまります。その結果赤くボツボツができたりかゆくなったりしてしまうのです。

さらに子どもがかいてしまうことでさらに感染を起こしてしまうこともあります。

 

おむつのギャザーがあたるお腹と足の部分は一番おむつと肌が密着しているところです。

そのためおしっこやうんちでムレやすく摩擦が起きやすくなってしまいます。

ムレと摩擦が刺激となって赤く炎症を起こしかゆくなってしまうのです。

 

また夏の暑い時期や冬の暖房のきいた部屋では子どもはすぐ汗をかいてしまいます。

子どもの皮膚はとてもやわらかくすぐにふやけてしまいますので、かぶれが起きやすい環境になっているのです。

 

おむつは本来おしっこやうんちが漏れないようにする設計になっているので水分をおむつの中にためこんでしまい、常に高温多湿な状態に・・・

おむつの宣伝ではサラサラが続くと言っていても、完全に乾燥した状態を保つのは難しいですよね。

いろんなメーカーを試した私でもそんなおむつには出会えませんでした。

 

化学繊維と合わない

子どもによってはおむつの素材である化学繊維が肌に合わず赤くなってしまう場合もあります。

女性なら生理用品でそのような経験がある人もいるかもしれませんね。

たくさんのメーカーのおむつを試す場合はフリマアプリで少量を購入したり、サンプルをもらったりすると良いでしょう。

 

まとめ

子どもの肌はとても繊細なので治ってもまたかぶれてしまうかもしれません。

ですが子どもは成長とともに肌もだんだん強くなっていきます。

 

今は大変かもしれませんが、いつの間にかかぶれなくなったということもあります。

神経質にならずに育児頑張りましょう!

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました